副収入を何で得るか


zitaku2副業で高収入を得る方法として、外でどこかの飲食店やコンビニなどにアルバイトとして働くといった方法と、自宅で在宅ワークと呼ばれるようなものをするかの2つの選択肢が用意されています。
これはどちらが良いとか悪いといったものは、本業の内容や、副業規定個人の性格などによって、マッチしているものやミスマッチしているものがありますから、一概にどちらが良いとか、どちらの方が副収入が多いというのは言えないものなのです。
外で副業を行い副収入を得るメリットとしては、在宅ワークに比べて時給単価というものが高い傾向があるということ。
他にも本業の会社で出会う人間とは、違ったタイプの人間と触れ合ったりすることが出来るといった点もメリットと言えるでしょう。
会社と自宅以外の場所で働くことによって、気分転換の作用も期待出来るといったものが挙げられます。
逆に外で副業をするデメリットとなるものは、やはり会社の同僚などと顔を合わせてしまう可能性があるため、副業規定で副業が禁止されている場合には、バレてしまう可能性が高いということです。
こういったものに考慮して、会社などから遠い場所での勤務を希望すると、移動時間が余計に掛かってしまい、苦労の割には金額を稼ぐことができなくなるといったものが挙げられます。
在宅ワークの場合には、文字通りホームでの作業になるため、気分的には楽ということです。
会社にもバレにくいため、副業規定で禁止されていても、対策さえ講じておけばバレることはありません。
他にも自分のペースで作業を進めることが出来ますし、収入の調整を行うことも用意です。
デメリットとなることといえば、単価の面で低いため、何気に相当数をこなさなければ十分な収入を得ることが難しいということでしょうか。
更に自宅であるために、誘惑が多く、なかなかに作業がはかどらないといった点も挙げられます。

高収入の副収入を何で得るか

zitaku
本業以外でで高収入を得たいと思っても、その方法や非常に多岐に渡ります。
外で働くのか在宅ワークにするのかといった以外にも、様々な副業のスタイルがありますから、参考までに頭に入れておきましょう。
まずは一般的に外で働くパートアルバイトといった形態で働く副業パターンです。
これがもっとも副業で副収入を得ている方が多く採用しているスタイルであり、全体の40パーセントがこのスタイルを採っているのです。
次に自由業やフリーランスといった労働形態ですね。
これは在宅ワーク系の仕事をしている方が多く見られます。
外で働く場合でも、雑誌の編集やライターカメラマンといった仕事を副業として行なっている方に多い就業スタイルですね。
これは全体の30パーセントにも登っています。
これに続くのは、自営業主として副業をしているといった方ですね。
これは実際に店舗を構えて行なっている方もいますが、これは副収入に留まらず、軌道に乗れば脱サラなどをして将来はコレ一本で食べていこうと考えている方が行なっているケースが多いですね。
他にもネット上のショップサイトを運営し始めるといったケースもこれに当たります。
これが全体の20パーセントになります。
このスタイルの場合でも、本業の収入よりも遥かに稼ぐことが出来るようになれば、本業よりもこちらの方に仕事をシフトチェンジさせる方が多く見られます。
自営業主として他人の下につかず、自分が会社や店舗を運営するといったスタイルを採用する方は、将来的に目標を持っており、勉強や経験を積むためにこういった副業を行なっているケースが多く見られます。
最後の10パーセントは、契約や嘱託社員としての副業スタイルになります。
これは在宅ワークを中心として副業活動をしている方が多いと言えるでしょう。
また本業の仕事内容とほとんど同じような副業を行なっている方が多いようです。

本業以外で高収入を得ていることを会社に通知すべきか?

kaisha
本職の収入では、十分な収入が得られないとして、副業を始め、副収入を獲得しようとしている方が増加傾向にあります。
長年の不景気で本業での収入アップは見込むことが出来ず、アフター5の時間を削ったり、休日を返上してアルバイトを外で行うことはもちろん、自宅で出来る副業によって、高い副収入を獲得している方が増えているのです。
こういった場合に気になるのは、副業をしているという旨を、本業を行なっている会社に報告すべきか否かといったことでしょう。
しかしながら、大手企業などを始めとして、高収入の副業をしていることは、基本的には認めていないといった企業も非常に多いものなのです。
実際に行なったアンケートでは、副業を禁止している会社の割合は、全体の15パーセント程度。
副業を認めている企業が65パーセント。
残りの20パーセントは、明確化されておらず分からないといった結果が存在します。
こういった現状の中で、本職の企業へ副業を行なっていることを通知しているかというアンケートでは、知らせているが32パーセント。
正式な通知を行なってはいないものの、副業を行なっていることは、直近の上司同僚後輩といった周囲の人間は把握しているという方が30パーセント。
まったく知らせていないといった方が38パーセントに登ります。
もちろん本業に力を入れることは当然ですが、やはり様々な事情を考慮してもらうことも必要になってきますから、禁止といった企業に勤めていない限りは、通知をしていくことが無難だと言えるでしょう。
より細かいアンケートでは、本業での副業が禁止されている企業では、70パーセントの方が、やはり通知はしていないという結果が出ています。
通知しなければ、副業の種類にもよりますが、バレないのでは?と思う方が多いですが、禁止されている企業に努めている方で実際に副業を行なっているという方は、たったの1割しか存在しないという結果も出ているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ